2011年01月04日

Ver1.11.01 公開 - 【3.19 パッチ対応】

バージョン 1.11.01 を公開します。

本バージョンのインストール・実行に際し、何らかの問題が生じた場合、コメント等でお知らせいただけると幸いです。

不具合を修正しました (1/5)
RPoN Ver1.11.01 ... 未実装のオプションが表示されていた問題
RPoN_CGE1.1.1b_3.19.zip ... インストールフォルダ名が違っていた問題
ご指摘ありがとうございます。

単独インストール版:Download Ver1.11.01

バージョン 1.11.01 では以下の要素が追加、修正されます。

・長弓、メイス、剣士に宮殿または主従制が必須に
・斧兵の対白兵ボーナスなし、剣士に対白兵ボーナス
・ファランクスは槍兵のUUに
・侍の必須技術を機械から鋳金に、ボーナスをバニラ同様に戻す
・戦艦に先制攻撃1+1、ミサイル巡洋艦に先制攻撃2+1、ステルス駆逐艦に先制攻撃3+1
・ド級戦車に対ヘリコプター+50%、先制攻撃2+1、砲爆撃耐性100%
・ヘリコプターに50%砲撃耐性
・戦車他の生産には工場が必要
・現代機甲師団他の生産には工業団地が必要
・都市の周囲3x3のエリアは文化にかかわらず都市を持つ文明の領土に
・UG時に経験値を1失うごとに費用を10%ディスカウント
・農奴制は労働者の効率を+100%
・BBAIのバージョンUPに対応してAIのユニット運用を調整
・剣士の必要ハンマーをアップ
・弩兵の必要資源に銅を追加
・チャリオットの対斧兵ボーナスを75%に削減
・犬戦士のスペックを変更
・統制志向の都市ごとの諜報ボーナスを2>>1
・諜報ミッション失敗時にも諜報ポイントを消費

※ 建造物を必要とするユニットにUGする場合、当該建造物をもつ都市圏内にいる必要があります。


CGEとの併用:

1. CGE for BtS3.19
2. RPoN Ver1.11.01
3. RPoN_CGE1.1.1b_3.19

の順で上書きすることで併用可能です。


工業団地の意味が薄いのを何とかできないかというご意見をいただき、近現代ユニット生産に必須建造物としました。衛生がきつくなりますが、無いと戦争できないので、作らざるを得ません。バランス調整などご意見をいただけると幸いです。

都市の文化圏として、周囲3x3が確保されるようになりました。
BtSでは、特に中盤以降に占領した都市は、旧所有国の文化に取り囲まれてほとんど機能せず、そのために更に向こうの都市まで占領するか、属国化するかしかなく、一都市を切り取るという行為に嫌がらせ以上の意味がほとんどありませんでした。
またAIは、孤立した都市にスタックが閉じこめられたまま和平し、通交条約が結べず動けなくなるという間抜けなことをしていました。

3x3の領土を持つことで、占領都市も最低限の機能を発揮し、またほとんどの場合外部と連絡することができます。一方、周辺12スクエアの争奪という意味では、文化は依然として重要です。それにもし都市が文化転向すれば、周囲のスクエアごと持って行かれます。

このルールは文化についてのみ当てはまるため、属国化した場合には宗主国の都市圏が優先されます。

【何故、剣士・鎚鉾兵・長弓の編成に宮殿か主従制が必要なのか?】

明治時代の日本におきた西南戦争では、西洋式の後装式スナイドル銃を装備した歩兵や野砲が主力の戦いでしたが、一方、見通しの効かない複雑な地形を利用した抜刀攻撃も大きな戦果を上げました。

これらの抜刀攻撃を担当したのは、主に薩摩や会津の旧士族で、農民・商人出身者からなる歩兵には抜刀攻撃はできませんでした。これは、剣術の習得には幼少期からの長い養成期間が必要であるためです。火器を主力とする軍隊の利点は、絶対的な戦闘力のみでなく、兵員を容易に調達、育成でき、徴兵制を可能とするということにもあるのです。

白兵戦が基本となる古代においても、兵員の質の問題、低練度の兵を如何に戦力化するかという問題は重要でした。
ベテラン兵が周囲を固め、未熟な兵を内側にした集団戦法などがとられましたが、中世になるに従い、より少数ながら、戦闘のスペシャリストのみからなる軍団がもちいられるようになりました。この軍団を経済面で支えたのが、主従制です。

生活の道具である斧や弓は、古代において、比較的容易に扱える武器でした。また、白兵であっても比較的相手との距離があり、集団で使いやすい槍も、習得が容易な部類といえます。忠臣蔵で有名な赤穂浪士の吉良邸討ち入りにおいても、平和な時代に腕がなまった元藩士に、刀ではなく槍を持たせたという話があります。

一方、刀は習得が難しい武器です。また同じ弓であっても、特別の筋肉が必要な長弓も、同じく習得は困難なものであり、少なくとも心得のない新兵が早晩使えるモノではなかったようです。

※ RPoNは必ずしも歴史の正確なシミュレーションを目指したものではなく、あくまでもゲームを楽しむための味付けでしかありません。
posted by ts at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 導入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42380573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック