2016年05月15日

(祝)Civilization VI 発売決定

Civilization VI が半年後に発売されると正式に決定したようです。

「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」の3つの大胆な革新:都市建設、科学、そして外交

私がシヴィライゼーションシリーズに期待するのは、こんな感じの「人類の全歴史を俯瞰する雰囲気を楽しむ」というものなのですが、Vはどうもその方向では無かったように思ってます。結局未プレイで終わりそうなので、印象ですが。

【特別企画】いまこそ改めて「シヴィライゼーション」を振り返る

Vは、文明育成のトリッキーな部分は簡略化して、スタック廃止により戦術要素を強化する(方がゲームとして売れる)という考えで、それはそれで正しいのかもしれませんが、個人的にはあまり魅力がなかったです。

VIにおいても、スタック復活すべき、いやいらない、という議論があったようですが、基本、IVのようなスタックはできないようです。

私の考えとしては、ナポレオン戦争までは、「戦力を1つのスタックに集中させてぶつけ合う」という戦い方は、現実の戦争をゲーム的に表現したものとして、別に間違っていないと思います。むしろVのように国土に広く兵を分散させるような戦略は、技術的にも社会的にも無理でした。

またゲーム的にも、シヴィライゼーションに戦術ゲームの面白さなど特に求めていないし、戦争というのはそこまでの蓄積(したスタック)の結果でしかない、ただし運や防御の難易の要素はある、という方が、文明ゲームっぽいと思ってました。

できればスタックを廃止するのではなく、スタックを作って維持する難しさを、よりゲーム的に面白く表現する方に進んで欲しかったんですが、スタックを完全復活させずに、IVが文明同士の力のぶつけ合いをどう表現するのか。

不安と期待。続きを読む
posted by ts at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談

2012年05月07日

アップデートについて

次回アップデートは、遅くとも夏前には一度リリースしたいと考えています。

現在資源関係をいじっています。
ゲームをしていて、鉄が無かったりすると相当萎えるので、鉄、石炭、石油の配置を増やそうと思います。
ただ、単純に増やして必ず資源が取れるというのもつまらないので、金などのようにいくつか固めて配置して、国によっては余剰が生じるようにして、輸入できるチャンスを増やします。

WIKIをみながらいじっていたんですが、資源関係XMLの説明がどうも違うようで少しはまりました。
分かった範囲で修正しておきました。
元の仕様では、鉄のようなある程度離して配置する資源を固めることはできないので、DLLを改変して対応します。

また、XMLだけでユニットの加速資源を設定することができるようになっていますが、BtSでは利用されていません。必須資源の一部を加速資源とすることで、作れる/作れないの間に、作れるがコストがかかるというステップを挟む方が戦略的に面白いと思います。

具体的には、アルミを戦闘機系列の加速資源として、必須資源から外します。アルミは結構とれないこともあり、その場合に防空が不利に成りすぎることの救済です。

また、鉄を戦車系列の加速資源として、アルミを必須資源から外します。
アルミはヘリコプターの必須資源とします。

また、鉄をカノン以降の砲撃ユニットの加速資源として、鉄か銅を必須とします。

以上のような感じで、とりあえず自分でテストプレイしてみようと思いますが、ご意見などいただければ。よろしくお願いいたします。
posted by ts at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2012年04月19日

連休前アップデートの予定

連休前にアップデートを予定しています。
内容はほぼできています。
新世界遺産の凱旋門が追加され、帝国志向がちょっと強化されます。
AIも調整して、もっと爆撃機をつくるようになります。

また、最近いただいたご意見を反映して

・都市を破壊した場合の金銭ボーナスを
 占領時の5倍→3倍 攻撃志向ならば10倍 → 6倍

にしようと思います。
この数字はとりあえず決めたもので、自分でもちょっと多いかなと思っていたところです。

こちらはまだ決めていないのですが、

・表現の自由による町のコインボーナス3 → 4or5?

というのも考えています。
専門家経済にくらべて小屋経済が弱いのではないかというご指摘なのですが
私自身は専門家経済が上手ではないので、今ひとつ必要を感じません。
また、それに関連して金融志向が弱いのではないかということですが、そういう実感もありません。
AIとして出てきたときどうかという視点も必要なのですが、やはり技術はそれなりに先行するイメージです。

贅沢を言えば、簡単にプレイレポートを書いていただければ、一番良くわかるんですが(笑)

以上、お楽しみに。
posted by ts at 22:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談

2012年03月11日

開発中の案件

現在、敵の防衛と都市建設場所評価のついてAIの調整をすすめています。

RPoN では、他国の脅威に対抗して軍拡するよう、(隣でシャカがアップしてるのに遺産量産してるようなことがないよう)戦略面での対応は考えているのですが、その戦力を戦術的にもっと有効活用できるようにします。
都市建設については、都市周囲のスクエアは文化によらず都市領域となるという RPoN の新ルールをもっと活かすように改良します。AIが今よりも強引に都市をねじ込んでくるようになります。バニラのつもりで緩い領土拡張をしていると、後悔することになるでしょう。

おまけとして、世界34文明mapの改良版も作っています。
今月中には公開できると思います。
posted by ts at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談